PR
スポンサーリンク

山形県天童市で噂のフワフワのかき氷【弘水】と温泉【湯坊いちらく】

国内旅行
*記事内に広告が含まれています*

むっちです。

前日郡山のドーミーインに宿泊し、朝食は混むだろうとオープン前の6時半前から朝食会場に並びます。
郡山のドーミーインの朝食の目玉はソースカツ。
カツ丼にして食べてご満悦。

9時に山形に向けて出発です。

スポンサーリンク

Ice cafe 弘水-KOSUI-/赤塚製氷

目指すは天童市にある、噂のフワフワかき氷が食べられるカフェです。
明治41年創業の赤塚製氷の良質な純氷を使って丁寧に削られたフワッフワのかき氷。

普段かき氷なんて興味もなくて食べませんが、そんなに美味しいならせっかくだから食べたい。

11時に到着です。

まだ並んでなかった。
外にも少しテーブルがありました。
まだそんなに気温が高くないから日の当たるところで食べたい気持ちもわかる。

店内は天井が高くて開放感あります。

とにかくメニューが豊富なのでどれにしようか悩みます。
かき氷だけで28種類あるかな?
トッピングも様々できるみたいだから、あらかじめ決めていかないと優柔不断な人は注文決めるまで時間かかっちゃいますよ。

結局黒蜜金時ミルクととちおとめ。
とちおとめの中にはアイスが仕込まれています。

私的には断然黒蜜金時が美味しかった!
ただし崩れやすいから、こぼさず食べるのは至難の業。

どのテーブルも皆さん倒さないように必死に食べています。
このときだけなのかわからないけど、年齢層高めの客層。
インスタ映えするから、若ーいお客さんで溢れているだろうと想像してきたから意外です。

むっち
むっち

頭がキーンとならない!?
フワフワだから?
氷が良いから?

ホームページで美味しそうなパンケーキがあって食べる気満々できたけど、10月から4月までの販売なんだそうです。
残念。

かき氷だけじゃなく、ジェラートも32種類もあってどれも美味しそう。
これから暑くなるからもっと混み合うでしょうね

湯坊いちらく

この日の宿もビジネスホテルだから温泉なし。
天童温泉に入るべく、日帰り温泉を選びます。
この近辺には温泉宿が沢山あるので、色々電話してみますが、日帰り入浴はやってないところもありました。

赤塚製氷から車で3分のところに湯坊いちらくがあり、電話で確認すると日帰入浴可能とのこと。

すぐ着きました。

日帰り入浴は2000円と少々お高いですが、その分期待も高まります。

むっち
むっち

天童温泉にはなかなか来ることができないし、

泊まることを考えたら安いもんだ!

と心の中で叫びます。
さっそくお風呂へ行くと、なんと誰も居ません!!

風量は強くないのに乾くのが早い!髪にツヤがでます

パウダールーム。
なんと!
リファのドライヤーがあるじゃないですか!
使ってみたかったから嬉しい!

女優ミラーのメイクコーナー

この壁掛けタイプの大きな女優ミラー、すごくいい。
部屋に鏡が欲しくて探していたから、これにしようかな。

誰も居ないうちに、温泉に浸かることにします。

最高です。
我々で独り占めできるなんて贅沢すぎる。
夏場はこのように窓が開いて、内風呂と露天がつながり、半露天になるようです。

露天風呂には緑がたっぷりで、優雅で幸せな気分になりつつ初の天童温泉を満喫です。

上がった後は休み処へ。
広さ十分で、明るく快適です。

美味しいデトックスウォーターやコーヒーなどのソフトドリンクが自由に飲めます。

楽しく過ごして山形市内へ向かいます。

水の町屋七日町御殿堰

宿泊先のホテルまでは20分くらいで到着。
お昼ご飯がまだなのでお腹が空いてきました。

山形名物の板そばのお店を探すと、庄司屋本店がいいらしい。
でも人気店は並んでいる様子。
庄司屋御殿堰店というのがあるらしいから歩いて行ってみます。

七日町の中ほどに、綺麗に整備された小さいけれど雰囲気の良いエリアがありました。

小川を挟んで蕎麦屋や蔵Café、米沢牛がショーケースに並ぶお肉屋さんなんかもあります。
水の町屋七日町御殿堰という観光名所のようです。

小川の水の流れは少ないですが、涼しげです。

ここにお目当ての県内一の老舗のお蕎麦屋さんがあります。

そば処 庄司屋さん

店内の画像ありませんが、広めで二階もありました。

さらしな蕎麦と板そばの相盛です。
天ぷらも大変美味しく頂きました。
私の地元には美味しいお蕎麦屋さんがないので、嬉しいです。

山形のスイーツと温泉、そして食事を味わって、大満足の旅でした。

どなたかのお役に立てば幸いです。


コメント